カテゴリ:旅( 8 )

 

西の方へ

明日いよいよスペインへ向けて出発します。

タイ経由でマドリードまで、それからイビサ島へ。

今回、同行するのはイビサルテのシェフ伊藤さん、

伊藤さんの滞在期間は一週間位で現地のレストランで実習する予定です。
妹の木ちゃんの彼氏ジョニーが働いているレストランでの現場の実習どうなることやら。

僕らは料理の技術と現場の雰囲気を感じたい、

レストランのシェフは寿司の作り方を教えてほしい。

そして、シェフはフランス人、

いろいろな文化交流できそうです。

それではいってきます!!

ADIOS!!


いろいろと文化交流できそうな感じバリバリです。
[PR]

by ippeibiza | 2010-10-03 13:11 |  

あーいよいよ

知っている方もいるかと思いますが、実は10月4日から一か月スペインへと飛び立ちます!!!!!!

ん~~、一か月っていう響きがなんとも。

本拠地はやはりイビサ島、妹の木ちゃんが住んでいるアパートに転がり込んで、いろいろと情報収集してきます。

向こうでもパソコンが使えそうなので写真などブログで随時アップしていこうと思います。

そして後半は今のところ予定ですが、アフリカ大陸の最北端モロッコへと行こうと思っています。

まだモロッコ行のチケットはとっていませんが、、、、、

どんな旅になるのやら。

楽しみです。
[PR]

by ippeibiza | 2010-09-25 18:05 |  

アルゼンチンからこんにちわ

昨日は夜のカウンターが盛りあがりました。

メンバーは隣のカフェのハトさん、平岡君、ユウキさん、SP、万作アキラ、モカジャバマミタス&トンちゃん
みんな夜中の3時頃にご来店、普段の営業ではありえん時間です。

そして5時くらいまで盛り上がり解散・・・・青春やね

というわけで目を赤くして目覚めたら愛ちゃんから「フーリオから電話があってまたあとでかけるって』
昨日の夜も青春だったけど20歳のイビサ島で大道芸をしていたあの頃の青春の記憶が、

フーリオは僕がイビサ島に住んでいた頃であったアルゼンチン人の友達です。

そのころ僕はディジュリドゥーというオーストラリアの先住民アボリジニーの民族楽器を路上で吹いていました。

イビサ島の観光シーズンは世界中のセレブたちがやってくるので、路上でパントマイムしたり演奏したりすると投げ銭でお金が稼げたのです。

そんなストリートな日々を過ごしていた時に、フーリオも同じディジュリドゥーをストリートで演奏していて友達になりました。

a0116551_1384469.gif

かなり濃い写真左がフーリオです。*注意ゲイカップルではありません

音楽は国境や言葉をを越えていろんな友達ができました。

a0116551_1316425.gif


とまあこんな青春の1ページがフーリオって聞いて思い出しました。

そしてアルゼンチンから電話が・・・
久しぶりのスペイン語で「ケタール?(調子はどう?)」

なんとフーリオは日本人のゆかりさんて人と結婚していて1歳5か月の赤ちゃんがいて、来月東京に住むゆかりさんの家族に子供を見せに日本にくるって

そして福岡にも・・・

10年前のイビサ島にいたあの頃
あの頃があって今がある
今があるからあの頃がある

フーリオとも10年前と同じ「ケタール?」で再開です。
[PR]

by ippeibiza | 2009-06-28 13:41 |  

TOKYO砂漠vol.3

東京三日目の最終日

風邪がようやく落ち着き僕のおなかもかなり快腸

健康のすばらしさを体で感じながらの出陣です。

今回もお昼はワイン屋さんめぐり、なぜこんなにワイン屋さんに行くかと言うと

実はイビサルテのB1をワイン&フードSHOPにしようという計画があるからなのです!!

ワインはスペインワインと自然派のワインを中心に、フードはイビサハムとスペイン食材を中心にラインナップ使用と思っています。

まだ計画段階なのですが、皆さんお楽しみに!!

ワイン巡りも終わって、おなかの調子も良くなったので少し腹ごしらえ前から行きたかった三鷹台にある三鷹バルへ

ドアを開けるとカウンターだけのこじんまりしたお店で、僕が最初のお客さんのようでした。

タパスを何種類か頼んで、ビール片手に店主の一瀬さんと話していたら

実は旅をしていた頃、浮羽のうちのお店にに来てくれたみたいでびっくり

楽しいお酒を飲んでるうちに、ご近所さんらしき常連さんが次々ご来店

うちのお店のカウンターみたいな感じやねーと思いながら妹と夕食の約束をしていたので出発

ふきのとうと白いんげんのソテー美味しかったです。

【三鷹バル】
東京都三鷹市井の頭2-14-8 
18:00〜24:00  
TEL 0422-77-4559
月曜定休

そして二件目は渋谷にあるアヒルストア

自然派ワインのビストロでこちらもこじんまりカウンターと立ち飲みテーブルが2つだけのほっこりしたお店

着いたら満席状態で人気なお店なんだなーと思いつつ、ワインを注文。

ワインを中心にメニュー構成をしている感じで自家製パンもいっぱいの種類で美味しかったです。

今年二十歳になった妹とこうして飲むのも大人になったなーって感じの夜

お酒を飲んで気分も良くなり、またお店のマスターとお話

妹さんと一緒にお店をやっているようで、実は僕がワインめぐりをしていたワイン屋さんで仕入れをしていて僕が言った時にワインの仕入れをしていたみたいでびっくり

a0116551_18364411.jpg


アヒルストア -AHIRU STORE-
渋谷区富ヶ谷1-19-4
Tel:03-5454-2146

今回は体調不完全だったけど、たまに福岡を離れていろいろ見れるのはよかったッス

只今わたくし完全復活中です。
[PR]

by ippeibiza | 2009-03-20 18:42 |  

TOKYO砂漠vol.2

東京一日目にして”発熱時々下痢”という最悪の胃腸状況で食べ歩きと言うか、歩くことも結構ぎりぎりな僕は、おなかと背中にWホッカイロを装着して出陣!!
 
この日は恵比寿、代官山のワイン屋さんを何件か見て高校の友達と再開六本木にある魚真という海鮮居酒屋に行きました。

ここはつれの同級生の友達が働いているお店でスタッフが若くて活気のあるお店です。

お魚屋さんが経営しているお店だけあって魚がどれも新鮮ぷりぷりです。

病み上がりの僕も思わずもりもり食べてしまいました。

そして宴もたけなわでお店の人になぜかお誕生日ソングを歌ってもらいました。

a0116551_12175664.jpg


ピックは貝殻でした。
[PR]

by ippeibiza | 2009-03-19 12:19 |  

TOKYO砂漠

ただいま!!

あっという間の三日間東京から無事に福岡へ上陸しました。

今回もちょいちょいTOKYO巡りしてきました。

まず羽田について向かったのが、横浜市あざみ野にあるスペイン料理Girasol(ヒラソル)スペイン語でヒマワリという意味のお店です。

a0116551_17534095.jpg


ヒラソルには東京でスペイン料理のシェフをしている市村さんに連れて行ってもらいました。

久しぶりに会った市村さん話に花が咲き、ご飯も美味しいので、お昼からワインもしっかりいただきました。

田園都市線 あざみ野駅からすぐのところにある若いご夫婦でやっているおいしいスペイン料理屋さん

たまプラーザの隣の駅です。

そして今回、東京の学校に行っている妹の家に居候

気分よく帰った僕、がしかし

その後なんと

発熱

ここに来てこんな事になるとは・・・・・

つづく
[PR]

by ippeibiza | 2009-03-18 20:35 |  

東京へ行ってきます

明日~3日間東京へ行ってきます。

東京は14歳から20歳位まで住んでいたのでほとんど青春は東京で過ごしました。

今回は仕事で行きます。

今年のイビサルテがよりパワーアップする為の東京行きなのです。

食に関する色々なお店に行こうと思うので、帰ってきたらまたブログにアップします。

それでは Hasta Luego!!
a0116551_1225115.jpg

[PR]

by ippeibiza | 2009-03-14 12:03 |  

旅の向こう

a0116551_12534934.jpg

                                スペイン フォルメンテーラ島にて


 
イビサでは毎年若手スタッフには10日程のバカンスをあげています。

去年はタイ、今年はインドネシアのバリ島に行くようです。

今年30歳になる僕も今まで色々なところに行きその国の”パッション”を心のキャンパスに塗りつけて日本へ帰ってきました。

今まで行った国 タイ インドネシア スペイン モロッコ メキシコ スペイン以外ほとんどが20代前半に行っています。

一番長い旅は20歳の時にスペインを拠点にしながら旅した六ヶ月、目的は僕の生まれた地・スペイン・イビサ島に住んでみたい・・・・・ただそれだけ

そしてスペイン人の元ヒッピーの夫婦の家に居候して、学校も行かず仕事もせず日々を過ごしていました。

その時言葉もしゃべれず知り合いもいない異国の地にいる僕に残されたものは、好きな料理をする事とディジュリドゥーと言うオーストラリアの民族楽器を吹くこと。

毎日や特にやることのない僕は、毎日居候していた元ヒッピー夫婦やご近所さんにご飯を作ることと、観光客の多いイビサ島のストリートでディジュリドゥーをひたすら吹いていました。

そんなことを毎日やっていたら、自然と音楽の仲間が出来てその仲間とそれぞれご飯を作って持ち寄りパーティーをしたりと一人だった僕が一人じゃなくなりました。

・・・・ということで、旅の話をしたら話が尽きないので思い出したら小刻みに出していきます。

それぞれの 文化 人種 動物 植物 宗教 経済 政治 気候 いろんなものを五感で感じて絵の具にして心のキャンパスに自分の人生を描いていく、そんなきっかけをあげるバカンスです。

こんなこと書いたらどこか行きたくなってきたーー!!!
[PR]

by ippeibiza | 2009-02-08 14:18 |